呼吸器

意外と怖い!?大人喘息の原因と正しい治療法。

投稿日:2017年11月23日 更新日:

喘息=子供の病気というイメージありませんか?

子供の頃、ぜんそくで大変な思いをしたという方も結構いると思います。

ところがその喘息、患者数自体は20歳以上の大人の方が多いようで、子供の頃喘息持ちで大人になって再発する事もありますが、大人になって突然喘息になるというケースが非常に多くなっているようです。

正式名称を「気管支喘息」といい、患者数は近年爆発的に増加していて、国内では400万人いるといわれています。

喘息が発症する主な原因とは!?

咳をする男性

ぜんそくにはアトピー型と、非アトピー型の喘息があります。

アトピー型喘息

  • ペット
  • ダニ
  • ハウスダスト
  • 花粉

非アトピー型喘息

  • タバコ
  • 過労・ストレス
  • 工場の排煙・自動車の排気ガス
  • 食品添加物
  • 住宅建材に使用される化学物質

など、ぜんそくを発症する原因となる物はたくさんありますが、大人喘息の多くが、非アトピー型と言われています。

現代人に喘息が増えている要因として生活習慣の乱れ、風邪や過労、ストレスなども喘息を発症させる要因と考えられています。

大人喘息は甘く見てはいけない病気なんです!

喘息は死につながる病気なのです。年間でおよそ4000名が喘息が原因となって死亡しているのです。

これには喘息の私もビックリしました。

喘息は重症度が高いからと言って、死亡する確立が高いというわけではありません

意外ですが、喘息は急性の病気ではなく慢性病気として分類されています。

これは自分では調子が良くて元気だと感じていても、寝不足や体調不良などの状況だと喘息が軽症だとしても急に激しい発作が襲って来て死んでしまうことがあるようです。

つまり喘息での死亡事故は喘息患者であれば、誰にでも起こりゆる事だと言えます。若年層の死亡者数も年々増加してきているのです。

私自身も喘息と診断されてからしばらくは、死につながる病気だとは思っていませんでした。

しかし、こうした事実を知り、医師の指導をしっかり守り、喘息の治療と向き合って行かなければならないと気づかされました。

医療機関での喘息に対する治療法とは?

大人の喘息は一般的に、対処が難しく治りにくいといわれます。

しかし、気道の炎症を改善することで、普通の人と同じように生活している方はたくさんいます。

気管支拡張剤

喘息の治療は、発作を予防する治療と発作を鎮める治療があります。

吸入ステロイド薬

予防的治療の場合、炎症の改善にもっとも効果があるとされているのは、吸入ステロイド薬です。

ステロイドと聞くと少し心配になりますが、ステロイド使用量が少なく、気道に限定して作用するため、全身的な副作用は少なく、長期の使用ができる薬だと言われています。

吸入ステロイドの主な副作用としては、口腔カンジダ、声がれなどがありますが、使用後にしっかりうがいをする事で防ぐことが出来ます。

また、ステロイド薬には種類がたくさんあります。

私は、なかなか症状が改善されなかったので、3種類くらい吸入薬を試しました。

発作を鎮める際に使用する薬がβ2(受容体)刺激薬

発作によって狭くなった気管支を広げる効果がある気管支拡張薬です。

発作によって起こる苦しさを気管支拡張作用により、すぐに取り除く効果があり、発作のときは大変便利なのですが、喘息の原因である炎症を抑える抗炎症作用は持ち合わせていません。

なので気管支拡張薬の単独使用では喘息の根本的な治療にはならず、吸入ステロイドのみで効果が得られない場合などに、併用する事が多いようです。

実際に使った感想は、確かに吸入ステロイドに比べ、即効性があるのを感じます。

治療薬を使う際に知っておくべき事

医師の指導の下、治療薬を正しく使用する事で症状をしっかり抑える事はできます。

しかし喘息治療の難しい所は治ったという判断が簡単ではないという事です。

しばらく治療薬を使用し、症状が出なくなったために治った!と思い。自己判断で治療薬を中断してしまい再発してしまうという事がよくあります。

特に大人喘息は治りにくく、重症化もしやすいという事を理解し、自己判断で治療や通院を中断する事なく担当医の指示に従いましょう。

そうする事で、発作を防ぎ、症状をきちんとコントロールする事ができるのです。

喘息を良くするために自分で出来る事をする!

治療薬に頼る事ももちろん大切ですが、症状を改善する為に自ら出来る事も沢山あると思います。

私自身、重い喘息を経験し、治療薬に頼っているだけではいけない!と感じ、良くなる為に色々な事を実践してきました。

喘息改善に鍼治療は効果はある?鍼灸院で電気鍼を体験した話!

禁煙する!

タバコダメ!

言うまでも無く喘息にタバコは良くありません。

タバコの煙で気道を刺激し、炎症を引き起こしますし、症状を悪化させる原因にもなります。

辛い喘息を改善するためにタバコをやめるか、症状を自ら悪化させながらタバコを吸い続けるか・・・簡単な選択だと思います。

部屋を掃除する!

掃除機ヘッド

 

特にアトピー型喘息の場合は、アレルゲンを除去する事が効果的です。

ダニや花粉、カビやホコリ、ペットの毛などが溜まった部屋では喘息に悪影響です。

こまめに部屋を掃除し、身の回りからアレルゲンを除去しましょう。

綺麗になった部屋で深呼吸してみて下さい。気持ち良くありませんか?

ストレス除去!

過度なストレスや、過労は免疫力の低下につながり、風邪を引きやすくなり喘息の悪化につながります。

またストレスから喘息を発症するケースも増えてきています。

仕事は生活する上で大切ですが、体を壊してしまっては元も子もありません。

しっかりと休息を取る!趣味など自分の好きな事をしてストレスを発散する時間を作ることも大切です。

前向きな気持ち!

晴れやかな気持ち

気持ちは本当に大事だと思います。

喘息は辛いです、症状が重くなる程、日々の生活が辛くなるし、毎日苦痛に感じ気持ちも落ち込みがちになります。

しかし、このような精神状態では喘息の改善には悪影響だと思います。

簡単な事ではありませんが気持ちは大切です!「絶対に喘息を克服して見せる!」という前向きな気持ちが喘息改善に良い影響をもたらせてくれると思います。

このように自分で出来る喘息予防はたくさんあります。

医師や薬だけに頼るのではなく、身の回りの環境を見直す事で喘息の改善につながる事もあるはずです。

辛い喘息から抜け出したいという気持ちがあるなら是非とも実践し、元気な体を取り戻しましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-呼吸器

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.