ステロイド副作用

プレドニン副作用のムーンフェイス体験談

投稿日:2017年11月29日 更新日:

こんにちはkohapaです。

私は100万人に1人と言われる呼吸器疾患を患っています。

その治療薬としてプレドニンを内服しています。

服用歴は2年半になります。

プレドニンは別名「副作用のデパート」と言われるくらい沢山の副作用があると言われます。

その中で代表的な副作用のひとつに「ムーンフェイス」があります。

表面に出てくる副作用の為、経験して嫌な思いをした方も居ると思います。

また、服用を始めたばかりの方は、今後ムーンフェイスの副作用が出るのかと言う不安があるかもしれません。

そんな方に私の経験をお伝えし、少しでも参考になれば良いなと思います。

顔がパンパンに!?私のムーンフェイス体験談。

2015年に病状が悪化し、ステロイドパルス療法を導入する事になりました。

ステロイドパルス療法の体験談 1ヶ月の入院生活

治療を始めるに当たり、プレドニンの副作用には、「ムーンフェイス」「糖尿病」「骨粗鬆症」のリスクがあるという説明を受けました。

ステロイドパルス療法で1ヶ月間入院をし退院。

退院から1週間程が経った日の朝、顔に圧迫感を感じるようになり、まぶたが重たい感覚を感じるようになりました。

最初はムーンフェイスだとは気づきませんでしたが、圧迫感が毎日続くようになり、顔に浮腫みが出始めた事で「あ、これがムーンフェイス

なのか」と気付きました。

服用から2ヶ月で他人から指摘されるようになる。

服用開始から2ヶ月が経った頃には、職場の同僚にも浮腫みを指摘されたり「急に太ったね!」などと言われる事が多くなりました。

「薬の副作用で顔が丸くなるんですよー笑」くらいで対応していましたが、徐々に鏡に映る自分が自分じゃないような感覚になってきました。

鏡で自分の顔を見つめていると、「誰だお前っ!?」って自分で思う位顔が変わってきてしまいました。

プレドニン投薬開始から3ヶ月(30mg/日)〜4ヶ月(25mg/日)頃がムーンフェイスがMAXでした。

さすがにこの頃は、自分の容姿を気にしてしまうようになり、外出すると、周りの目も気になっていました。

体重が48kgしか無かったので、足も体もチョー細いのに顔だけがパンパン!他人でも違和感を感じる程のムーンフェイスっぷりでした。

めちゃくちゃ体のバランスが悪かったし、外出するのも少し嫌になっていました。

この顔、本当に治るのか?ずっとこのままだったら嫌だなーと思いながら、気づいたら鏡を眺めながら頬をつねっていました。

ムーンフェイスをなんとかしたい!マッサージしてみる!

鏡を見つめていても治らない!自分でなんとかしてみよう!と思い、浮腫み解消法を調べました。

笑顔でマッサージ

ムーンフェイスに悩んでいる方は沢山いますね、特に女性の方にとってこの症状はとても辛いものだと思います。

美顔ローラーでコロコロする!という対処法がたくさんあり、試してみる事にしました。

有名なのは「ReFa」という美顔ローラーです。

とはいっても、こんな高級コロコロは買う余裕がないので、100均で買った激安コロコロを試してみる事にしました。

通勤中の自動車内でコロコロ。テレビを見ながらコロコロ。時間を見つけてはコロコロしました。

激安コロコロでも何もしていない時とは違い、朝の浮腫みが少し落ち着いてくれるようになりました。

コロコロに加えて、風呂上がりに妻のクリームを拝借して首元のリンパマッサージもやりました。

すると、翌朝の浮腫み具合は何もしていなかった頃とは全然違うし、マッサージした直後でも特に目元がスッキリしてまぶたが軽くなる感覚がありました。

私の場合、朝の浮腫みが特に酷く、頬の圧迫で目が開けづらい程だったので、それが和らいだのは朝から憂鬱な気分が少し和らぎました。

その後、内服量が20mg/日まで減ると浮腫みも少し落ち着いて、本人的には結構元に戻ってきた!という感覚ですが、久しぶりに会う友人にはびっくりされるレベルでした。

誰かに会うたびに事情説明が必要だったこの時期は、外出先で知り合いに会いたくないなーという思いが強かった。

実は!自身の結婚式を控えていたのです。

私がムーンフェイスを何とかしたい!と強く思っていた大きな理由として、実はプレドニン治療開始から6ヶ月後に自分の結婚式を控えているという理由でした。

結婚式までになんとか元の顔に戻りたいと思い、コロコロやマッサージを頑張りましたが、結婚式当時でプレドニン服用量は15㎎/日。

ムーンフェイスのピークは過ぎていた物の、まだまだ顔はパンパンでした。

一生に一度の晴れの舞台、写真もたくさん撮るだろうし映像だって残るのに、そんな大事な日にこんな顔は嫌だなー、という気持ちでしたが、もうどうあがいても顔はどうにもならない!

逆に、人生で一度の大事な日にこんな顔だった事を、将来妻と笑えるようにしよう!と割り切って結婚式に望む事にしました!

結婚式前の美容院で意外な発見!?

結婚式の一週間前に、美容師の友人にカットをしてもらいました。

お祝いにヘッドスパをサービスしてくれました。ヘッドスパの効果の一部には眼精疲労やリフトアップがあるらしいです。

「目の疲れがかなりあるね」と指摘されました。

ヘッドスパ終了後、鏡を見てビックリ!ムーンフェイスの副作用が出てから今までに無いくらい目がパッチリ!!

重りが外れたのかの様にまぶたが軽くなり、顔の浮腫みも解消されてアゴのラインも、かなりスッキリしていました。

それまでは、顔に直接コロコロを当てて浮腫みを取るという考えしか無かったので、頭のマッサージでこれ程の効果が出る事には驚きました。

1回の施術で解決する物ではありませんが、ムーンフェイスに悩む方は一度試して見る価値ありだと思います。

結婚式前日も、フェイスマッサージ、頭皮マッサージをして臨みましたが、当日は感動して泣きまくったのでどっちにしろ顔も目もパンパンでした。

ムーンフェイスは治るの?症状が落ち着くのはいつ頃?

これに関しては内服量の違いなどで個人差がありますが、私の場合は服用開始から1ヶ月過ぎには、徐々にムーンフェイスが出始め、3~4ヶ月頃がピーク。

その後はプレドニンを減量していくのに合わせて、症状も徐々に落ち着いていきました。

7㎎/日まで減った頃には、見た目にはほとんど治まっている感じ、朝方は少し顔に圧迫感を感じる程度でした。

これでムーンフェイスともサヨナラだと思っていた矢先、調子を崩し20㎎/日まで戻す事になり、やはりまたムーンフェイスは出てしまいました。

プレドニンは突然辞めてしまうと、離脱症状(禁断症状みたいな物)があり徐々にしか減薬できないので、内服量が多いと元に戻るのにも時間がかかってしまうというのが辛いですね。

私の感覚では

  • 30㎎以上服用、初対面の人でも明らかに違和感を感じるレベル。
  • 20㎎、知り合いなら違和感を感じる。初対面の人ならぽっちゃりさんかな?と思われるレベル。
  • 10㎎、知り合いにちょっと太った?と言われるレベル。
  • 5㎎、本人に自覚症状がほとんどなくなるレベル。

と感じました。

今の私は5㎎/日で落ち着き、ほとんどムーンフェイスの副作用を感じる事はありません。

ムーンフェイスを経験し思った事。

ムーンフェイスがピークの時は、ここまで外見が変わってしまうんだというショックを受けました。

ムーンフェイスの副作用は、女性にとってはとても辛い副作用だと思います。

私自身も当時は、周りの目が気になってしまって、出かける事が少し嫌になる事もありました。

なのでプレドニンに対して、マイナスなイメージばかり持ってしまう所がありました。

インターネットでプレドニンについて調べても、良い事よりも副作用の辛さや怖さばかりが目立ち「もープレドニンなんか飲みたくない!」と思っていました。

プレドニン治療を行った本来の目的を忘れてしまっていたと、今になって思います。

プレドニンを服用している以上、ある程度のムーンフェイスは仕方ない。と割り切る気持ちも大事だと思います。

気になってしまうのは仕方ないけど、考えすぎて心まで病んではもっと辛くなってしまいます。

私はプレドニンの副作用とは断定できませんが、パニック障害も経験しました。

ムーンフェイスを何とかしようという事ばかりに気を取られ過ぎないようにし、体調を良くする努力、前向きな心持ちで居ればプレドニンの減薬に繋がっていくんではないかなと思いました。

とにかく前向きな気持ちが大切です。頑張りましょう!

プレドニン開始から3年が経過!手術を期にプレドニンが増加。

プレドニンの服用が始まって2018年の9月でちょうど3年になります。

この記事を書いた2017年11月頃は内服量5㎎/日でプレドニンの最低量をキープしている状態でした。

5㎎の内服量だとムーンフェイスの副作用はほぼありませんでした。

2018年5月、持病である特発性肺へモジデローシスの悪化から肺移植手術を受けました。

術後は免疫抑制剤の内服開始と同時にプレドニンの内服量も増えました。

入院中の内服量は30㎎/日から始まり、一週間ごとに様子を見ながら5㎎づつ減量していきました。

2ヶ月後の退院時は20㎎/日の内服量で、この量をしばらくは継続する事になりました。

術後3ヶ月、徐々にムーンフェイスが出始める。

さすがにプレドニンを3年間服用してきた経験上、20㎎の内服量であれば、副作用「ムーンフェイス」が出るであろう事は予想していました。

今回のプレドニン増量では、以前の20㎎内服時と比較するとムーンフェイスの前に、足にむくみが強烈にでました。

ズボンを脱ぐと足にズボンのラインがくっきり付くほどのむくみ、指で押し込むと物凄く凹んで足がぼこぼこになる程でした。

増量から3ヶ月半が経過した頃から特に朝起きるとまぶたが重たく目の下がポッコリと膨らんで来ます。

目の下の浮腫みがいかにも病人っぽくて私的にはとても嫌です。

浮腫み解消マッサージなどもしてみますが、多少スッキリする感じはありますが、プレドニンの強い副作用はマッサージくらいでは解消できないかなと思っています。

Refaが実家に眠っていたので使ってみた!?

高くて買えないよ!!と思っていたRefaがなんと実家に使われずに置いてあったので使ってみる事にしました。

Refa

Refaで浮腫み取り

恐らく初期のモデルです。

一応定価25,000円程する物なので、多少はプレドニンの副作用であれ効果が無いか期待してしばらく使ってみる事にしました。

20㎎/日の内服量であれば、そこまで酷いムーンフェイスは出ないかな?と予想していますが、増量開始4ヶ月でほっぺが少し膨らみだしました。

今後、ムーンフェイスがどうなるのか、はたしてRefaはプレドニンに勝てるのか!?また報告したいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ステロイド副作用

Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.